知っ得米知識

無洗米のおいしい炊き方

手でとぐよりもおいしい?無洗米のほうが栄養が多い?
お得で手間いらず、そのうえ環境にやさしい無洗米の炊き方を紹介します。

とがずにそのまま炊いてください。

水を入れると多少水が濁りますが、お米のデンプン質が溶け出した為で、炊飯やおいしさには問題ありません。
※気になる方は軽くすすいでから炊いてください。

水加減は少し多めにしてください。

基本的に新米を浸す必要はありません(新米を炊く場合は、ほんのちょっと水を少なめにすることをお忘れなく)。でも古米の場合はこの「浸し」が、程よく水分を含み、ふっくらとしたごはんを炊き上げるコツです。ここでのポイントは温度や湿度に合わせて浸す時間を変えること。夏場なら30分、冬場なら1~2時間ぐらいが目安です。

やさしくかき混ぜて。

水を入れたら、お釜の底からやさしく数回かき混ぜてお米と水をよくなじませ、その後40分以上水に浸してから炊いてください。
夏場40分、冬場1時間が目安です。

無洗米お得ポイント

省力洗わないから手間いらず

エコとぎ水が出ないので環境に優しい

お得ヌカが無いので、同じ量ならその分お得

節約洗わないのでお水代が節約できる

優しい冷たい水仕事さようなら

Copyright(c)Mie Rice,Inc. All Rights Reserved.