安心・安全への取り組み

安心・安全への取り組み

ミエライスの精米工場は常に品質と安全性の向上に努めています。工場内は常に清潔な生産環境を確保し、品質管理室では入荷時の玄米のチェックをはじめ、光学式分析やDNA検査など、さまざまな角度から検査、分析を行っております。また、各種認証も積極的に取得しています。2016年11月には全国に先駆けて精米HACCP(食品安全管理システム)の認証を取得しました。また省エネルギー設備の導入をし、すべての照明のLED化、さらに排水水質のチェックし、周辺環境に配慮して事業活動を展開しています。

安心・安全への取り組み

精米HACCP認定工場

精米HACCPとは、国際基準に則り、一般社団法人日本精米工業会が定める、安全で確かな品質を確保するための食品安全管理システムです。

『精米HACCP』の役割

a.食品としての安全性を担保し、消費者の健康を守る事業
日本人の主食である食文化を守る崇高な事業

b.目的は、培った技術と経験、規格遵守と標準化で適正な利益を継続的に
出しつづけ、会社のブランドと従業員の生活と地域を守る

c.日本精米工業会『精米HACCP』は国際的な規格に準拠しつつ、
国のHACCP支援法の認証機関として認められた唯一の業界規格

d.規格は『精米品質規格』JRQSと合わせ安全性と品質を担保

安心・安全への取り組み
ミエライス精米品質基準
安心・安全への取り組み
水  分
お米に含まれる水分です。多すぎても少なすぎても、おいしいごはんに炊き上がりません。
白  度
お米の白さを表します。数値が高いほど白いという事を表します。削りすぎると味も栄養価も落ちます。
粉状質粒
成熟しきっていないお米で、粒質が粉状または半粉状の粒を指します。
砕  粒
砕けて細かくなったお米です。完全粒の長さの2/3~1/4の大きさの粒を指します。
Copyright(c)Mie Rice,Inc. All Rights Reserved.