事業内容

低リン米の製造・販売

身体の症状によっては摂取を制限されるリンを抑えた食材の開発に取り組み、新しい独自の加工技術により、利用要望も多かった「低リン米」を商品化しています。

低リン米の開発経緯

低リン米の開発は、2013年に「みえフードイノベーション・プロジェクト」の一環である「医療食プロジェクト」へ参加して始まりました。三重県農業研究所が米ぬかにリンやカリウムが多く含まれることに着目し、低リン米の共同開発をすることになったのです。精米には独自の技術とそれに対応する機械が必要なため、精米機メーカーにも協力を求めて、一年かけて商品化に成功しました。

低リン化加工(特願2014-68950)と、リン、カリウム含有量の低減効果

独自開発の精米製法を用い、通常米と同様に生鮮品として販売できます。既販の低リン米に比べ、廉価で食味が良いことも加工方法の特長です。
当社の商品である「みえのゆめ」を加工すると、おいしさはそのままに、リンおよびカリウムを4割以上減らせることがわかりました。

Copyright(c)Mie Rice,Inc. All Rights Reserved.